2018年7月9日月曜日

☆グループホーム「ゆめ」が開所致しました☆彡

 

 

え~と、、前回の投稿で月1の投稿を目標に掲げていましたが、、なんと半年も投稿期間が開いてしましました。。

 

近日公開のつもりが半年後に…

 

申し訳ありません😢 


やっとこの記事で報告させて頂きます。 




平成30年2月1日(木)

 

NPO法人ぞう歌では6所目となる

 

グループホーム

「ゆめ」

 

が開所致しました🎊

 

 

 

 

 

前の記事で予告しました通り内部の画像をアップしたいと思います。 


以下画像は開所前の1月27日、28日の内覧会時のものです。 

 

ご覧くださいませ🐘

 

 

※家具等はまだほとんど入っていない状態の画像ですので

ホームの間取りが分かりやすいかと思います。

 

 

まずは玄関

 段差のないバリアフリーデザインです。



玄関入ってすぐに世話人室



 こちらがリビングです。

 ゆったりの約20畳です。



自慢のシステムキッチン☆

ホーロー素材で出来ており油汚れがよく取れます。
油性マジック落書きしても水拭きにで綺麗に取れます。 



洗面所も車椅子仕様です。 


お風呂🛀も最新式で、ホテルみたいです(笑) 


トイレ🚽も車椅子に配慮したゆったりスペース。

床は汚れが飛び散っても大丈夫なようにホーローが敷かれています。掃除がしやすいです。


 エレベーターも完備です。

エレベーターで昇ると、
2階の廊下。




2階の居室です。 
皆さんのお部屋となります。

 収納スペースも充実しています。




🐘🌳🐘🌳🐘🌳🐘



そしてここが「ゆめ」のスペシャルな部分なのですが、、


 談話室です!

20畳あります。


様々な可能性が広がります🌈





備え付けのホワイトボードに落書き(;^_^A
ウェルカムボードです。

今後生活が始まればホームの予定や掲示物などを貼り、大活躍することになるのでその前に落書き✏



内覧会には各関係機関、地域の方、ご家族等たくさんの方が足を運んでくださいました。

ありがとうございました。

新しいグループホームへの関心と期待を感じております。

 

そして、皆さんに認知されることで初めて「ゆめ」はホームとしての輪郭を持ったように思いました。

 

 

 

 🏡  🐘 🐘




2018年1月13日土曜日

新設ホーム「ゆめ」進捗状況です☆その④


前回の進捗報告から4か月が経ってしまいました。

写真は12月末のものですが新設ホームここまで完成致しました☆




そしてついに新設グループホームの名前が決定致しました!

グループホーム「ゆめ」

です!


大家さん、設計士さん、施工業者さんの思いと技術が集約しています。
建設にあたり色々とぞうの歌の希望や「ゆめ」も叶えて頂きました☆彡


本当に素晴らしい建物です。



1階リビング


なんとなくここまでくると完璧に仕上がった状態を公開したい気持ちになってまいりました…

ですので今回の画像はこの2枚に控えてさせて頂きます。すいません。


近日公開いたしますので楽しみにしていていください🐘


🌳 🐘 🏡 🌷









ご挨拶が遅くなりましたが…



ぞうさん🐘の今年の目標は『今年もぞうの歌の皆さん活躍を毎月最低1回は投稿するぞ!!』です。(控えめな目標😅)

ぞうの歌ブログを今年もよろしくお願い致します。





2017年12月16日土曜日

♬「ぞうと仲間たち」手話コーラス演奏会♬

2017.12.16

大岡ケアプラザデイサービスにて
手話コーラス「ぞうと仲間たち」の演奏会が行われました。

大岡ケアプラザでは隔月の手話コーラス練習やチームJISHIN、GH自治会でもお世話になっており、勝手にホームグランドの気持ちでおります。



10:00から本番前の練習、リハーサルを行いました!

ぞうと仲間たちは練習でも一切手を抜きません。









⌚14:15~本番スタートです





ホワイトボードの可愛いイラストが出迎えてくれました🐘




演奏スタート(^^♪







マリンバ演奏は『旅愁』
しっとりと聞かせてくれました。。

自然とデイサービスの皆さんも歌詞を口ずさんでいました。







アンコールは「翼をください」でした!




最後のポーズも決まりましたね。



皆さんの演奏で徐々に会場が一体感に包まれてゆくのを感じました。

自画自賛になりますが、デイサービスの皆さんに感動を与えている、皆さんに感動してしまいました。。


名残惜しく、お互いに手を取り合い挨拶を交わし、
今日の演奏会は終了致しました🐘










2017年11月3日金曜日

♪手話コーラス『ぞうと仲間』がオータムコンサート(ラポール)に出演しました♪

平成29年11月3日(金)

横浜ラポール開館25周年記念事業
平成29年度横浜芸術市場
オータムコンサートに手話コーラス『ぞうと仲間たち』が出演しました♪






この日の為に隔月で大岡ケアプラザに集まり練習を重ねてきました。



そしてこの本番の日を迎えました!
リハーサルから熱が入ります!






伴奏のツインギターで伴奏が重厚になりました!!





リハーサルを終え…



🐘 🎵 🐘 🎵 🐘





さぁ本番です!


熱の入った手話と歌声が会場に響き渡ります!








そしてマリンバとピアノの演奏です。
たくさんのレパートリーから今回は瀬戸の花嫁を演奏しました♪

♪瀬戸の花嫁♪

マリンバの音色にいつも癒されます。。





ぞうの歌のテーマソングとも言うべき『生きていきます』の作者紹介。
グループホームの職員です。

♪生きていきます♪






皆さんの演奏は徐々に熱を帯びていきます。






このところ成長著しいリズム隊の皆さん!
ぞうと仲間の要ですね!






手話と歌もさることながら、皆さんのこの表情が素晴らしい!





♪ふるさと♪









大歓声を受けながらフィニッシュ!


ポーズも決まりましたね!






拍手に答えながら退場です。





出番が終わり、記念撮影📷




理事長によりますとこのラポールのコンサートには10年連続出場中だそうです。
来年またこの会場に皆さんで戻ってきたいですね。


今日もまた『ぞうと仲間たち』の演奏に元気をもらいました。


blogをご覧の皆さんも是非是非、生で皆さんの演奏を見て欲しいと思います!








2017年10月28日土曜日

防犯スタッフ会議を行いました!

平成29年10月19日(木)10:00~12:10
NPO法人ぞうの歌 全体スタッフ会議(防犯)を行いました。


場所:大橋町町内会館


やまゆりの事件をきっかけにして、グループホームにおいても『防犯』がクローズアップされてきています。そんな中、ぞうの歌でも初めての本格的な防犯研修を行いました。

『防災』についていつもご指導頂いている法人理事に今回は『防犯』スタッフ全体会議の企画・準備・進行をして頂きました。





理事長より法人防犯マニュアルについての説明


支援に関わる全ての人が法人の防犯マニュアルをしっかり理解する必要がありますが、今回はその一歩となりました。

現在防犯面を見直し、ホームの防犯設備を強化中であることも報告ありました。







理事による一般的な防犯対策についてのレクチャーの様子。
54枚にも亘る資料に防犯の基礎が網羅されていました。
様々な犯罪のパターンから防犯対策、不審者対応の仕方、防犯グッズ情報までお話頂きました。

↓スライド用の資料一部です。










🐘 🐘 🐘





防犯レクチャーの後はお待ちかねのワークショップです。

会議に参加した皆さんがそれぞれ意見を出し合えるように今回は3つのグループに分かれてワークショップを行いました。ぞうの歌の会議では初めての試みとなりました。






🌞まずは緊張をほぐす為に『クロスロードゲーム』を行いました。




クロスロードゲームとは…阪神淡路大震災をきっかけに提唱されたゲームです。
どちらが必ずしも正しいとは言えない、どちらを選んでも何らかの犠牲を払わなければならないような「ジレンマ」が発生する設問にたいして参加者がYES・NOを選択し理由をそれぞれ述べていきます。
参加者は自分以外の考えや視点に出会い気づきを得ることができます。

今回は設問をグループホームの防犯問題(見知らぬ男性にトイレを貸しますか・貸しませんか)にしてゲームを行いました。









今回のワークショップではそれぞれのグループに一人ファシリテーターを置きました。私ぞうさんもファシリテーター役を初体験致しました。稚拙ではありましたがファシリテーター『促す人』がいることでディスカッションが活発になることが体験できました。







各グループごとの発表の様子📝




防犯上のグループホームの長所、短所。グループホームのソフト面、ハード面施策案について各グループごとに意見をまとめて発表致しました。

やはり防犯に関しては常日頃から地域との繋がりを作り、協力体制を築くことが大事という意見が三つのグループから共通して聞かれました。




普段なかなか人前で発表なんて状況はないと思いますが、皆さん短い時間で内容をまとめ、堂々と発表されていました。



理事からの総評👆


だれも居眠りしている人がいなかった!
それぞれがいい緊張感を持って会議に臨んでいた結果。
難しい話を一方的に聞くだけではなく、ワークショップという新しいスタイルを取り入れて楽しく参加できるようにした。法人の他の研修や会議にも応用して行ってほしい。
防犯レクチャーについてはたくさんの情報を盛り込んので、今後はそれぞれスライドにあったテーマごとに理解を深めていく必要がある。



とのお話を頂きました。





🐘 🐘 🐘





クロスロードゲームでは活発に意見が出て、ファシリテーターとしてそれぞれに発言をバランスよく促すことが難しい程でした。普段から一人職場というグループホームの特性もあり、スタッフ同士『話す』というコミュニケーションを求めている部分があるのだなと改めて感じました。ワークショップでは防犯というテーマからそれぞれの支援の話になっていく場面も見受けられました。このワークショップ形式を使って事例検討会議を行ってみたら有意義な意見交換ができるのではと個人的には感じました。


今後はこのワークショップで出た防犯に関する様々な意見を集約し実際の場面で活かしていく形に整えていくことも必要ですね。

各ホームごとに建物や環境、入居者さんの個性も違うので今回のワークショップで出た意見を元にホーム事で話し合い実際に実行していく部分もあるでしょう。


防犯に関して資料は沢山理事から頂いたのでしっかり消化不良にならないように読み込んで行きたいところです。




防犯については今回の会議をきっかけとして、今後も防災同様、日頃から少し意識を持つという習慣を作っていきたいです。